なぜシャンプーが重要なのか

なぜシャンプーが重要なのか

シャンプーの最大の利用価値は、「汚れをきれいに洗い流して、毛穴に老廃物をためない」ことです。
これこそが、シャンプーの重要性を物語るすべてと言って過言ではありません。
ところが、シャンプーを使用しながらどうしても頭皮のトラブルに悩まされてしまう原因は、ひとえに「シャンプーに含有されているコーティング剤」の影響であると言えます。

 

 

 

コーティング剤は、頭皮の毛穴の老廃物を洗い流す際に、汚れまで毛穴の中に閉じ込めて一緒にコーティングしてしまうという最大のデメリットがあります。
このため、コーティング剤を含有しているシャンプーを使用すると、どうしても頭皮のトラブルに直結してしまうのです。
ですから、薄毛や抜け毛が顕著な場合、トリートメントや外用薬に頼りたくなってしまう気持ちもよくわかりますが、まずはシャンプーからしっかりと見直す必要があると言わなければなりません。

 

 

 

コーティング剤を含有していないシャンプーを用いること、あるいはノンシリコンシャンプーを使用することで、いろいろな策を講じながらもどうしても解消できない頭皮のトラブルが、びっくりするほどあっさり解消してしまったという、少々拍子抜けするようなケースも少なくないと言います。
繰り返しますが、シャンプーの重要性はあくまでも「老廃物を洗い流すこと」です。

 

 

 

しかし、洗い流しているつもりが、シャンプーのおかげで懸命にためこんでいるケースは驚くほど多いのです。
まずはシャンプーをもう一度見直すこと、これが頭皮トラブルの改善への最短距離であると考えます。