髪の大敵

髪の大敵

髪にあまり不安を抱えていない人にとっては、普段からそれほど髪のことを気にするという方はそんなに多くないかもしれません。
そんな方にとっては、髪は「何気なく頭皮を覆ってくれるもの」という程度の印象しかないでしょう。
しかし、髪にも「感情」がある・・・というとさすがにちょっと言い過ぎかもしれませんが、あなたや私がそうであるように、髪にもニガテなものがあります。
特に、「これだけは絶対にダメ!」というくらいの、いわば「大敵」となるあるものがあります。

 

 

 

結論から言ってしまうと、とにかく髪にとっての大敵と言われているのが、「熱」です。
たとえばドライヤーを使用して髪を乾かす人は多いと思いますが、ドライヤーからはけっこうな温度の「熱風」が出てきますよね。
もちろんあの「熱」の大きな意味合いは、「早く髪を乾かす」というところにありますが、人によっては、高い温度の熱風でドライヤーの風を当てることを好まない人もいます。

 

 

 

これは、昔から迷信的に言われる、「あまりドライヤーをかけすぎると髪によくない」という発想が基になっていると考えられます。
髪が熱に弱いという事実を知ってみると、その「迷信」とも思えるようないわれもまた、あながち根拠のないものではないのかもしれないという気持ちになってきます。
というわけで、今回のテーマは、「髪のニガテなもの」、つまり、「髪と熱」のお話です。
これに関しても、知っておくだけで後々トラブルを回避するのに大きく役立つ内容なので、髪のトラブル、頭皮のトラブルにお悩みの方は必見です。